中が黒や緑に変色しているじゃがいもはたまに見かけますが、ごく稀に中が赤い(もしくはピンク)に変色したじゃがいもがあります。

中が赤いじゃかいもは食べても大丈夫なのかはもちろん、なぜこんな色になるのか変色の原因も気になりますよね。

当記事では中が赤い(ピンク)のじゃがいもは食べても大丈夫のか、変色の原因と併せてまとめていきます。

スポンサーリンク

じゃがいもが変色する原因!

じゃがいもは赤やピンクだけでなく様々な色に変色する野菜で、よく見られる変色と原因がこちら。

主に皮に近い部分の変色で、ソラニン(毒素)が増えている状態。

緑の部分を取り除けば食べられる場合もありますが、ソラニンを食べると吐き気などの症状が出て危険なので、食べずに処分することをおすすめします。

茶、黒

黒や茶色の変色はじゃがいもに含まれるポリフェノールの酸化が主な原因ですが、中には病気の可能性もあります。

薄く茶色に変色している程度なら食べても大丈夫ですが、

  • 真っ黒に変色している
  • 中に穴が空き、周りが黒く変色している

といった状態の時は、処分するか変色した部分を取り除いてから食べるようにしましょう。

 

じゃがいもの中が赤い(ピンク)!食べても大丈夫?

じゃがいもの中が赤やピンク、見方によっては紫っぽく変色するのは極稀ですが、考えられる原因は以下の2つです。

  • 成長過程での低温障害
  • ポリフェノールの酸化

低音障害でもポリフェノールの酸化でも食べても大丈夫なのですが、なぜ変色するのか、原因も知っておきましょう。

低温障害による変色

じゃがいもの表面に変化はないのに切ってみると中が赤やピンクだった場合、変色の原因は低温障害で、成長する過程が低温だった可能性が高いです。

ただし、じゃがいもを出荷用に育てている農家では温度管理がきちんとされているので、出くわす機会はほとんどありません。

低温障害による変色はイチゴやリンゴなどのフルーツが赤く色づくのと同じ成分によるものなので、見た目は驚くものの食べても大丈夫です。

 

見た目や手触りで中が赤い(ピンク)のじゃがいもを見分けるのは難しいため、切るまでは変色に気づけません…

いつもと違う色のじゃがいもを料理するのは気が引けますが、体に害はないので普段通り調理して食べ切りましょう。

ポリフェノールの酸化による変色

じゃがいもに含まれるポリフェノールが酸化すると、赤(ピンク)⇒茶色⇒黒の順番で変色していきます。

赤(ピンク)の変色はポリフェノールが酸化する初期の段階で、りんごなどポリフェノールが多い食品にみられる症状なので食べても大丈夫です。

 

じゃかいもは切った状態で放置すると酸化が進みやすくなるため、切った瞬間は変色していなくても、時間の経過とともに赤(ピンク)に変色しやすくなります。

ポリフェノールの酸化による変色するのを防ぐ方法は、別記事でまとめたので参考にして下さい。

剥いた、切ったじゃがいもの保存方法!変色を防ぎ日持ちさせるコツ

 

まとめ

じゃがいもの中が赤く、もしくはピンクに変色する原因は低温障害やポリフェノールの酸化で、変色してたものを食べても体に害はありません。

変色で気をつけたいのは緑や黒で、特に緑色に変色した部分は毒性があるので食べるのは絶対NGです。

じゃがいもを調理する際は中の状態を見極め、安心・安全に調理してくださいね。

スポンサーリンク