じゃがいもは皮を剥いてから洗うもの?、それとも皮を剥く前に洗うもの?

洗うタイミングで迷ってしまうことが多い分、正解が気になりますよね。

また”じゃがいもを皮ごと調理する際は、たわしで擦って洗った方が良い”なんていわれますが、これって正しい洗い方なのでしょうか?

当記事では、じゃがいもの洗うタイミングと、正しい洗い方についてまとめていきます。

スポンサーリンク

じゃがいもの洗うタイミングはいつ?

じゃがいもの洗うタイミングは、

  • 皮を剥いた後
  • 皮を剥く前

といった2パターンあります。

私は「皮を剥く前に洗っても、また汚れるから」という理由で、皮を剥いた後に洗っています。

じゃがいもの皮に付着した泥は軽く洗い流す程度では落ちないので、皮を剥いて調理する時の洗うタイミングは、皮を剥いた後がおすすめ。

 

ただし皮を剥いた状態のじゃがいもを、長時間水にさらすと水溶性の栄養が流れ出てしまうので、最もベストな洗うタイミングは皮を剥く前・剥いた後の両方です。

じゃがいもの泥をきれいに取り除き、栄養も効率良く摂取するには以下の手順で2回洗いましょう。

  1. じゃがいもを皮ごと流水で洗う
  2. 流水で丁寧に手の泥を落とし、じゃがいもの皮を剥く
  3. 皮を剥いたじゃがいもをもう1度流水で洗う

 

2回も洗うのは手間ですが、洗うタイミングを2回にすれば、じゃがいもは文句なしにきれいになります。

スポンサーリンク

じゃがいもの洗い方!たわしは必要?

表面が凸凹していて泥を落とし切るのが難しいじゃがいもですが、洗う際にたわしなどの道具は必要なのでしょうか?

じゃがいもの洗い方は、皮を剥いて食べる場合と皮ごと食べる場合で違います。

皮を剥いて食べる場合の洗い方

皮についた泥を落とし切れなくても、皮を剥いた後にきれいに洗えば、じゃがいもに泥が残ることはありません。

そのため皮を剥いて食べる時はたわしで擦る必要はなく、手で擦って洗うだけで十分です。

 

皮を剥く時間を短縮したいなら、皮剥きスポンジを使った洗い方もおすすめ。

じゃがいもを流水にさらしつつ皮剥きスポンジで擦ると洗いながら皮が剥けるので、皮を剥いた後に流水でサッと流せば下準備完了です。

皮ごと食べる場合の洗い方

じゃがいもの皮は栄養豊富なので、じゃがバターなどにして皮ごと食べるのもおすすめ。

皮ごと調理する時は皮に付着した泥を落とし切らないといけないので、たわしを使い以下の洗い方で泥を落としましょう。

  1. たらいや大きめのボウルに、たっぷり水を張る
  2. じゃがいもを水に浸け、たわしで表面をやさしく擦り洗いする
  3. ある程度きれいになれば、流水で流しつつ汚い部分をたわしで擦る
  4. 入り組んで泥が取れない部分を包丁で取り除く、もしくは歯ブラシで擦る

 

じゃがいもの泥は手ごわいので、流水で擦り洗いしても素手ではきれいに取れません。

スポンジを使って洗うこともできるのですが、じゃがいもの凸凹が洗いづらいので、たわしの方がおすすめです。

たわしを使えば泥をきれいに落とせますが、強く擦ると皮がむけてしまうので力加減に気をつけてください。

 

ちなみに、たわしをすぐ用意できない時は、時間はかかりますが以下の洗い方もおすすめ。

  1. たらいや大きめのボウルに水を張り、じゃかいもを完全に浸す
  2. 5分ほど浸した後、手で優しく擦りながら泥を落としていく
  3. 丁寧に泥を落とした後、仕上げに流水で洗い流す

 

洗う前にじゃがいもに付着した泥をふやかせば、たわしがなくても泥が落ちやすくなります。

凹んで洗いにくい部分の泥はたわしで洗う時同様、包丁のあごやピーラーの芽取り・歯ブラシなどで取り除きましょう。

 

まとめ

じゃがいもの洗うタイミングは、皮を剥いて調理するなら剥く前・剥いた後の2回がおすすめ。

皮ごと調理する時は皮の汚れをきれいに洗い流す必要があるので、たわしを使って擦り洗いするか、水に浸けて泥をふやかしてから擦り洗いしましょう。

じゃがいもの皮はとても薄く、泥が落ちると透き通って見えるので、この状態を目指して丁寧に洗ってくださいね(^^)/

スポンサーリンク