メイン食材になることは少ないものの、なにかと料理で使われる野菜・生姜。

常備しておきたい野菜の一つですが、正しい保存方法を知らない人は多いのではないでしょうか?

また保存方法は未使用の状態はもちろん、使いかけ・すりおろした後など、生姜の状態によって変わりますし、冷蔵・冷凍それぞれにメリット・デメリットがあります。

今回、生姜の冷凍・冷蔵別の保存方法を、

  • 未使用
  • 使いかけ
  • すりおろした後

上記3つの状態別に紹介します。

スポンサーリンク

生姜の保存方法

未使用の生姜は気温15度・湿度90%が最も保存に適した環境のため、冷凍・冷蔵せず常温でも保存できます。

未使用の生姜の保存する場合、パック詰めされているものはパックから出した後、常温・冷蔵・冷凍いずれかの方法で保存しましょう。

常温

密封できる容器に生姜を入れ、15度付近をキープできる場所で保存します。

調理に使う際に表面が乾燥していても、切った時に中身が変色・乾燥していなければ食べられます。

常温保存した生姜の賞味期限は最長2週間です。

冷蔵

冷気に直接触れないように、新聞紙などで生姜を包んだ後、冷蔵庫(できれば野菜室)に入れて保存しましょう。

冷蔵保存した生姜の賞味期限は常温より少し長くなり、最長で3週間です。

冷凍

皮付きのまま洗った後、水気を切ってジップロックに入れて保存します。

ジップロックで保存する際きちんと空気を抜いておけば、最長で1ヶ月日持ちします。

 

冷凍保存した生姜は食感が変わるので、すりおろして使うのがおすすめ。

生姜は凍ったままですりおろすことができますし、凍っていた方が繊維も残らずきれいに削れます。

未使用の生姜を冷凍保存した後にすりおろす場合、皮ごと食べることになるので、栄養面も文句なしです。

生姜の皮は栄養豊富で食べられる!使う前に洗うの?洗い方は?

スポンサーリンク

使いかけやすりおろした後の生姜、保存方法は?

使いかけの生姜は冷蔵か冷凍で、すりおろした後の生姜は冷凍で長期保存できます。

使いかけ・すりおろした後、それぞれの保存方法をまとめておきます。

冷蔵保存する場合

使いかけの生姜は切り口をラップで包んだ後、新聞紙で包んで冷蔵庫(できれば野菜室)に入れます。

冷蔵保存した使いかけの生姜の賞味期限は、最長で2週間ほど。

 

もし2週間以上使いかけの生姜を冷蔵保存したい場合、生姜が全て浸かる量の水を張った容器に生姜を入れて蓋をし、冷蔵庫で保存する方法もおすすめです。

水を張って生姜を保存する場合、

  • 2日に一回、水替えする
  • 切り口から風味や栄養素が抜ける

といったデメリットもありますが、みずみずしさを保つことができ、賞味期限も最長で1ヶ月まで延びます。

冷凍保存する場合

使いかけの生姜を冷凍保存する場合、3つの保存方法があります。

  1. 使いやすい大きさに切り分けてから、ジップロックに入れて保存
  2. すりおろした後、少量ずつ製氷皿に入れて保存
  3. 使いかけのままジップロックに入れて保存し、使う時にすりおろす

 

使いかけの生姜で用途が決まっていない場合、1の保存方法にしておけば、使う際にすりおろせるので便利です。

また保存前にすりおろした生姜はジップロックに入れて、空気を抜いて保存できますが、製氷皿で保存した方が使いやすいのでおすすめです。

冷凍保存後の賞味期限は保存方法関係なく最長3ヶ月ですが、保存期間が長いほど劣化するので、なるべく早く使い切りましょう。

 

保存後の生姜、傷みの見分け方!

生姜は他の野菜に比べ保存が利く野菜なので、常温環境であっても日持ちするのが強みです。

ただ個体差や保存環境によって賞味期限は変化するので、調理に使う前に以下のような変化が見られた場合、傷んでいる可能性があります。

  • カビが生えている
  • 触った時にぬめりを感じる
  • 中まで乾燥している
  • 明らかに変色している

 

未使用・使いかけ・すりおろした後に関わらず、上のような変化がみられた生姜は調理に使わず処分しましょう。

また生姜が長期保存できる野菜といっても、保存期間が長いほど品質は悪くなるので、買いだめせずに少量ずつ購入してくださいね。

 

まとめ

生姜は保存が利く野菜なので、保存方法は冷蔵・冷凍以外に常温もありだと分かりました。

使いかけ・すりおろした後の生姜でも、未使用とほぼ変わらない賞味期限なのは嬉しいですよね。

料理に使う以外に、紅茶やコーヒーに入れても美味しく頂ける生姜。

用途が広く保存が利き、さらに健康に良いと一石三鳥の野菜なので、普段から積極的に食べるようにしていきたいですね!

スポンサーリンク