防腐効果・抗菌効果の高い青シソ(大葉)は、スーパーでパックに入れて売られているので、購入後すぐに使えそうなイメージがありますよね。

購入したシソ(大葉)は調理に使う前、洗うべきなのでしょうか?それとも洗わないで、そのまま使えるのでしょうか?

またシソ(大葉)を生で食べる際の農薬の危険性や、付着している農薬を除去する方法について知っておきましょう。

スポンサーリンク

シソ(大葉)は使う前に洗う?洗わない?

青シソ(大葉)は刺身やそうめんを筆頭に色んな料理に添えられ、薬味として日本料理を支えている風味豊かな野菜です。

パックに入って売られているため、汚れていないだろうと思い洗わないで使う方もいるかもしれませんが、衛生面・健康面の両方からみて洗うべき野菜といえます。

 

調理前にシソ(大葉)を洗うべきなのは、

  • ごみや汚れを落とす
  • 農薬を流し落とす

といった理由からで、シソ(大葉)は葉っぱが大きく一つ一つが孤立して生えているので、栽培過程で葉っぱ全体にほこりやゴミなどの汚れが付着しやすいです。

 

またアブラムシなどの害虫が寄ってきやすい性質を持つので、虫除け目的で葉っぱに多くの農薬が付着しています。

スーパーで売られている時は汚れがつきにくい状態でも、栽培過程でたくさんの汚れや農薬が付着しているので、食べる前に必ず洗いましょう。

 

シソ(大葉)の洗い方

シソ(大葉)は、以下の手順で1枚1枚丁寧に洗っていきます。

  1. ボウルに水を張り、使う分のシソ(大葉)を入れる
  2. シソ(大葉)を1枚ずつばらけさせた後、両面を擦るように手で丁寧に洗っていく
  3. 流水で仕上げ洗いした後、キッチンペーパーで水気を取り除いて完了

 

シソ(大葉)は水を吸いにくい野菜なので、ボウルの中で洗っても水っぽくなったり風味が流れ出ることはありません。

使う枚数が多い時は面倒かもしれませんが健康には代えられないと思い、洗い忘れがないように気をつけて1枚ずつ丁寧に洗いましょう。

スポンサーリンク

シソ(大葉)は生で食べれる?農薬の危険性は?

野菜に使われている農薬の多くは水溶性なので、水洗いで十分落とせます。

シソ(大葉)は葉っぱが薄くて洗いにくいですが、優しく擦り洗いすれば栽培過程で付着した農薬はほとんど落とし切れます。

事前に洗いさえすれば、農薬の危険性を気にせずに生で食べれる野菜といえるでしょう。

 

それでも農薬が気になる方は、減農薬栽培されたシソ(大葉)の購入がおすすめです。

減農薬栽培のシソ(大葉)はコストがかかるためスーパーでは見つけにくいですが、自然派野菜を取り扱う店舗や通販を利用して購入できます。

減農薬栽培のシソ(大葉)を購入して水洗いすれば農薬の危険性はさらに低下するので、生で食べる時は特に減農薬栽培されたものを選ぶようにしましょう。

 

ちなみに完全な無農薬にこだわるなら、シソ(大葉)を自家栽培するのも一つの手段です。

農薬を使用せず栽培するならアブラムシなど害虫を取り除く作業が必要になりますが、シソ(大葉)の栽培難易度は低いので初心者でも簡単に育てられます。

栽培すればスーパーで購入するよりコスパも良くなるので、安全で安いシソ(大葉)が欲しいなら自家栽培にチャレンジしてみましょう!

 

まとめ

シソ(大葉)はパックに入って売られていても、栽培時に汚れ・農薬が付着しているため食べる前に洗うべき野菜です。

生で食べるにしても加熱して食べるにしても、1枚ずつ丁寧に洗ってから使うようにしましょう。

残農薬がどうしても気になる方は、減農薬栽培されたシソ(大葉)の購入や自家栽培も検討してくださいね。

スポンサーリンク