さつまいもの中は生の状態なら黄色、焼き芋にすると黄金色になるので美味しそうに見えますが、生のさつまいもは中が変色しやすいです。

見た目は普通でも、包丁で切ってみると中が黒い、またはピンク色になっていて困った経験はないですか?

中が黒いさつまいも、中がピンク色のさつまいもは食べれるのでしょうか?

生のさつまいもの中が変色してしまう原因と併せて、お伝えします。

スポンサーリンク

さつまいもの中が黒い!これって食べれる?

さつまいもを切って中が黒い場合、変色の仕方によって食べれる・食べれないを判断します。

どの部分が・どのように黒くなっているのか、確認してみましょう。

皮付近が黒い時は低温障害が原因

さつまいもに限らず野菜は野菜室に入れて保管しがちですが、生のさつまいもは常温(室温)で保管すべき野菜です。

冷蔵庫や野菜室、また冬場で室温が低すぎた場合、外気に触れやすい皮付近から黒く変色していきます。

 

低温障害によって黒く変色した部分は、絶対に食べられないわけではないですが美味しくありません。

黒い部分は全て切り落とし、変色していない部分のみを調理して食べるのがおすすめです。

もし黒く変色した範囲が広く中心近くまで広がっていた場合、安全性を考慮して食べずに捨てた方がいいでしょう。

中が斑点状に黒い時はヤラピンが原因

さつまいもの中が斑点状に黒くなってしまう原因は、アクに含まれる成分「ヤラピン」です。

さつまいものアクには、

  • ヤラピン
  • クロロゲン酸
  • タンニン

といった成分も含まれていますが、体に悪いといわれる成分「シュウ酸」は入っていません。

そのためヤラピンが原因で黒く変色したさつまいもは、そのまま調理して食べれます。

ヤラピンは空気に触れて酸化すると黒く変色するのですが、変色のスピードが早く、切っている時に変色し始めていることもあります。

 

アクが”中が黒くなる原因の一つ”と分かれば、アク抜きによってヤラピンを除去してから調理したいと思うかもしれませんが、ヤラピンには便秘解消効果があります。

またヤラピン以外のアクに含まれる成分、クロロゲン酸やタンニンには抗酸化作用があります。

さつまいものアクは体にとって嬉しい効能があるので、スイートポテトなど見た目を気にする料理をつくる時だけアク抜きは行うようにしましょう。

 

アク抜きの手順は、さつまいもを切った後すぐに水に浸けるだけです。

水に浸けた後、白く濁らなくなるとアク抜きは完了ですが、10分ほど水に浸けるだけでも十分ですよ!

黒斑病のさつまいもは食べれない!

極稀ですが、中が黒いさつまいもは”黒斑病”という病気にかかっている可能性があります。

黒斑病のさつまいもは中だけでなく外から見ても黒く、部分的にボコッと穴が空いたように見える場合が多いのでパッと見で異常だと分かりやすいです。

黒斑病にかかったさつまいもの画像

画像のようなさつまいもは食べると危険なので、例え部分的な症状であっても処分して食べないようにしてください。

スポンサーリンク

さつまいもの中がピンク色になる原因!食べれるの?

さつまいもを切った時、中がピンクやオレンジに変色していることが稀にあります。

黄色イメージが強いさつまいもの中が、ピンクやオレンジなど鮮やかな色に変色してると気味が悪いですよね。

ただ中がピンク・オレンジ色のさつまいもは、なんの問題なく食べれます。

 

安納芋など、ねっとり・しっとりしたさつまいもの中がピンク・オレンジになるのですが、そもそも中がピンクやオレンジなのは変色ではありません。

中がピンク・オレンジのさつまいもは、赤橙色のβカロテンという成分をたくさん含んでいるので、元々ピンクがかった色をしているのです。

変色ではなくさつまいも本来の色なので、安心して美味しく頂いてくださいね。

※βカロテン→皮膚や粘膜を健康な状態で保つ他、免疫力アップやがん予防、視力を維持する効果がある栄養素

 

まとめ

さつまいもの中が変色する原因は、

  • 黒 ⇒ 低温障害、もしくはアクに含まれる成分「ペクチン」の酸化、黒斑病
  • ピンク ⇒ 変色ではなく、さつまいもの品種による本来の色

だと分かりました。

症状が”中身の変色のみ”のさつまいもは無害な場合が多いので、穴が空いている・溶けている・異臭を放っているなど、その他の異変がなければ問題なく食べれますよ!

スポンサーリンク