しゃきしゃきとした食感が人気のれんこんには、薄い皮がありますよね。

飲食店で食べるれんこんは皮をむいて調理されていることが多いですが、普段れんこんを調理する際は皮ごと食べれるのでしょうか?

また調理していると黒い斑点を発見したり、異臭がすることがありますが、これらは危険ではないのでしょうか?

当記事ではれんこんは皮ごと食べられるのか、黒い斑点の正体や異臭の危険性も併せてまとめていきます。

スポンサーリンク

れんこんは皮ごと食べれる野菜?

外食で出てくる時は皮がむかれていることが多いですが、れんこんは皮ごと食べれる野菜です。

れんこんの栄養は皮部分に多く集まっているので、皮も一緒に食べることでより多くの栄養を摂取できます。

 

れんこんの皮は薄く、食べても気にならない部分だと思いますが、なぜ皮をむいて食べるのか…

その理由はれんこんに多く含まれている成分、ポリフェノールの一種・タンニンが関係しています。

 

タンニンは生活習慣病予防などの効能を持つ反面、空気に触れると酸化し、黒や茶色に変色する性質を持っています。

さらに、れんこんは皮をむかずに調理すると、変色しやすくなります。

料理の見た目を考えると皮をむいたほうがメリットがあるので、飲食店で出てくるれんこんは皮がむいてあることが多いのです。

 

れんこんの黒い斑点、正体は?

スーパーで売られているれんこんや、切ったれんこんを放置していると、皮や実に黒い斑点ができることがあります。

黒い斑点の正体はポリフェノール「タンニン」の酸化によってできた変色で、食べても体に害はありません。

ただ一度できた黒い斑点を無くすことはできないので、見た目が気になるならタンニンを酸化させないような下処理が必要です。

 

タンニンの酸化を防ぐにはれんこんを調理する際、皮むきとアク抜きを行います。

れんこんって生で食べれる?アク抜きは酢水でOK?時間や方法は?

 

ちなみに新鮮なれんこんには黒い斑点がありませんが、スーパーに売られている段階で、れんこんの黒い斑点は目立っていることが多いですよね。

少しでも新鮮なれんこんを選びたいなら、黒い斑点の有無で購入するれんこんを選ぶといいですよ!

スポンサーリンク

異臭がするれんこんは危険?

黒い斑点は見た目だけの問題で食べても害はないですが、異臭がするれんこんを食べるのは危険です。

れんこんは腐ってくると、まず異臭を放ち始めます。

れんこんから異臭がする場合、腐っているか見極めるために異臭と併せて以下の症状がないか確認してください。

  • 押すと柔らかく、凹む
  • カビが生える
  • 表面がぬるぬるとする
  • 真っ黒に黒く変色している

 

れんこんはタンニンが原因で黒く変色する場合もありますが、傷んでいる時の変色は黒い斑点レベルではなく真っ黒になるので、見た目で判断しやすいです。

異臭を併せて上記いずれかの症状が見られた場合、食べた時のリスクを考えると処分した方が良いといえるでしょう。

 

まとめ

れんこんは皮ごと食べれる野菜ですし、皮は栄養豊富なので見た目さえ気にならないなら、なるべく食べた方が良いといえます。

れんこんの皮や実にできる黒い斑点の正体はポリフェノールの一種・タンニンで、食べても体に害はありません。

 

ただし異臭がするれんこんは腐っているので、食べるとお腹を壊すリスクが高まります。

ニオイと併せて触感や見た目が少しでもおかしいなと感じた時は、食べずに処分することをおすすめします。

スポンサーリンク