普段食べるピーマンは緑色ですが、放置していると変色し、赤色になった経験はありませんか?

ピーマンが赤くなる理由が気になりますが、緑から変色して赤くなったピーマンは食べれるのかも気になりますよね。

また赤色のピーマンといえば「赤ピーマン」や「パプリカ」が思い浮かびますが、変色して赤くなったピーマンとは別物なのでしょうか?

当記事はピーマンが赤くなる理由や変色しても食べれるのか知りたい人、赤ピーマン・パプリカと変色したピーマンの違いが知りたい人におすすめです。

スポンサーリンク

ピーマンが赤くなる理由

スーパーで緑色のピーマンを買ったはずなのに、しばらく放置すると赤色に変色しているのはびっくりですよねw

ピーマンが赤くなるのは完熟度合いが関係していて、緑色のピーマンが熟して完熟状態になると赤色に変わります。

普段よく食べる緑色ピーマンは完熟前の状態で、時間の経過とともに赤色に変色する可能性があります。

 

緑色のピーマンは品種によっては赤色以外に黄色やオレンジ色に変色する場合もあり、これらは全て熟していく過程による変化です。

基本的に緑色のピーマンは赤色・黄色・オレンジに変色する可能性があると覚えておきましょう!

 

ちなみに赤・黄色・オレンジ色に変色したピーマンは、そこから色が変わることはなく腐っていくだけです…

 

赤く変色したピーマンは食べれる?

赤くなったピーマンは腐ったり劣化したわけでないので当然食べられますし、完熟ピーマンは緑色の時より栄養価がぐっと上がり、

  • ビタミンC 2倍
  • βカロテン 3倍
  • ビタミンE 5.5倍

など、含有量がアップする栄養素も存在しています。

また赤色に変色したピーマンは味も甘みが強くなり、苦みが少なくなるので野菜嫌い方でも食べやすくやります。

 

栄養価や味は赤いピーマンの方が緑色のピーマンに比べて優秀ですが、

  • シャキシャキした食感が弱まる
  • 日持ちしなくなる

といった緑色のピーマンに比べ、劣っている部分もあります。

 

そのため、

  • ピーマンの苦みやシャキシャキした食感が好きな方は緑
  • ピーマンが苦手な方、健康志向の方は赤

といったように、好みに合わせて食べ分けるのもおすすめです。

スポンサーリンク

変色ピーマン・赤ピーマン・パプリカの違いとは?

結論をいえば、赤く変色したピーマンとスーパーで売られている赤ピーマンは同じ品種ですが、パプリカは別の品種になります。

単純に“甘くて栄養価の高い(緑色の)ピーマン”が食べたい方は、あえて赤ピーマンを選ぶと良いでしょう。

 

ただパプリカに関しては別品種で、ナス科トウガラシ属の野菜ではあるものの、ピーマンと比較して大きく肉厚で甘みが強い特徴があります。

…とはいっても食べると分かりますが、実際のところ赤ピーマンとパプリカは見た目も味もそっくりで、含まれる栄養素もほぼ同じなんですよね(^-^;

品種そこ違うものの、個人的にはどちらも同じ野菜と思っているので、業者でもない限りは売ってる方・値段が安い方を選ぶくらいの考え方でいいかと思います。

赤ピーマンの流通が少ない理由

赤ピーマンを見かけるようになったといえども、スーパーでは緑ピーマンの方が一般的で、赤ピーマンを取り扱っていない店舗も多いです。

甘くて栄養価も高い赤ピーマンの方が売れそうな気がしますが、赤ピーマンがなぜメジャーにならないのか不思議ですよね。

 

実は緑ピーマンができてから完熟し、赤色になるまでには1か月以上もかかります。

もし自分が農家なら緑の状態で美味しく食べられるものを、さらに1ヶ月間害虫や災害から守り育てるのは…どう考えてもリスキーですよね。

しかも市販の赤ピーマンは、完熟前の緑ピーマンと比べて価格差がほとんどありません…

農家にとってピーマンを完熟されてから販売する行為は、わりに合わない作業でしかないので、赤ピーマンは今も流通が少ないのです。

 

まとめ

ピーマンが変色して赤くなる理由は完熟度合いによるもので、品種次第で黄色やオレンジに変色する可能性もあります。

変色後のピーマンが食べれるのはもちろん、栄養価も高くなるので、食べるのを忘れて変色しても“逆においしい”といえるでしょう!

スポンサーリンク