人参の皮は調理の時に剥く人が多いと思いますが、野菜は皮付近に栄養があるといわれています。

炒め物などの加熱時には皮ごと食べる場合があるものの、ニンジンは生で皮ごと食べれる野菜なのでしょうか?

また穴あきや中身が白い人参に出会うことが稀にありますが、このような人参が食べれるのか不安になりますよね。

当記事では人参は生で皮ごと食べれるのか、また穴あき・中身が白い人参の安全性についてまとめていきます。

スポンサーリンク

人参は皮ごと生で食べれる?

人参は加熱調理しなくても、皮ごと生で食べれる野菜です。

というかスーパーなどで販売されている人参に、もともと皮はないのです。

「皮はない」と言われてもピンとこないかもしれませんが、人参本来の皮はとても薄く、出荷時の洗浄によって洗い流されています。

私たちが皮だと思って剥いている硬めの部分は、人参の実にあたるのです。

 

人参の皮だと思っていた部分は“人参の実”なので、食感は違うものの味は人参の中心部分とほぼ変わりません。

また農薬などのリスクも少ないため、購入した人参は洗ってそのまま生で食べれます。

 

人参の生食、おすすめレシピは“人参サラダ”

人参の皮の食感が苦手な方に、おすすめしたいレシピが人参サラダです。

ニンジンを皮ごと千切りにしてドレッシングをかければ、皮の硬さを気にせず人参そのものの食感を楽しめます。

 

また皮付き人参をサラダにして食べると、栄養面でもメリットがあります。

人参に多く含まれる栄養素・βカロテン(ビタミンA)は脂溶性ビタミンといい、油に溶ける性質があります。

※βカロテン(ビタミンA)の効果
強い抗酸化作用により、ガンや老化・動脈硬化を予防する

 

βカロテンは身体が吸収しづらい栄養素ですが、サラダにしてドレッシングをかけて摂取すれば、ドレッシングの油分にβカロテンが溶け、効率良く栄養素を吸収できます。

人参は皮ごと生で食べれると分かったので、サラダにして栄養も効率良く摂取しましょう。

スポンサーリンク

穴あきや中身が白い人参は危険?食べれる?

人参の表面はきれいなのに、包丁で切ってみると中身が穴あきだったり、変色して白くなっていることがあります。

初めて見た時には驚くと同時に「食べれるの?」と不安になるかもしれませんが、穴あきや中身が白い人参に危険性はありません。

 

穴が空いたり中身が白くなる現象を、

  • すが入る(穴あき)
  • とう立ち(穴あき・中身が白い)

といい、人参の中身によくある変化なのです。

これら現状の原因は、収穫時期が遅れて栄養が葉の方に流れたり、生の人参を長期間保存していた時に起こりやすくなります。

 

穴あきや中身が白い人参は、

  • 見た目が悪い
  • 含まれる栄養が正常な人参に比べて少ない
  • 正常な人参に比べ味が劣る

などのデメリットはあるものの、食べてお腹を壊すなど人体に危険はないので安心してください。

穴あきや中身が白い人参はサラダなど生食には向かないので、カレーに入れたり、すりおろして使うようにしましょう。

 

穴あき・中身が白い人参の購入を防ぐ方法

穴あきや中身が白い人参の購入を防ぐため、スーパーや八百屋で大量に売られている人参を手に取った際、見た目や重さに注意して選ぶようにしましょう。

張り艶がない保存状態が悪そうな人参・他よりも軽い人参は、穴あきや中身が白い危険性が高まります。

選ぶ時は見た目に張りと艶があり、持った時にずっしり重さを感じるものにしておけば、穴あき・中身が白い人参のリスクは限りなく低くなるでしょう。

 

上のポイントと併せて

  • 赤みが濃い
  • 頭部、切り口が小さい

上の特長を持つ人参は、より新鮮で美味しいのでおすすめです!

 

まとめ

人参は皮ごと生で食べれる野菜で、サラダにしてドレッシングをかけて食べればβカロテンを効率良く体内に取り込めます。

また穴あきや中身が白い人参は、通常の人参より見た目・味・栄養含有量が劣っているものの、食べても害はありません。

気持ち悪いからと処分するのはもったいないので、加熱調理して食べ切ってくださいね。

スポンサーリンク