ナス(茄子)を切った時、中に黒い粒を発見することはないですか?

ナスの種は本来白いはずですが、この黒い粒は種が変色したものなのか、また食べれるのか気になりますよね。

他にも中が茶色に変色していたり空洞があったりと、普通と違う症状がみられるナスは食べても大丈夫なのでしょうか?

当記事ではナスの中に起きる状態異常の原因と、食べれるのかについてまとめました。

スポンサーリンク

ナス(茄子)の中の黒い粒、正体は種?

ナスを切ると中に黒い粒が散らばって見えることがありますが、正体が分からないと不気味で調理する気が失せますよね…

黒い粒の正体は”ナスの種”で、通常通り調理して食べれるので安心してください。

 

ナスは種の多い野菜ですが、普段は白の実に白い種が埋まっているので目立つことはありません。

ただ以下のような保存方法が原因で、種が黒く変色する場合があります。

  • ナスの保存温度が低温だった
  • 長期間保存していた

 

ナスは皮や実より先に種の部分から傷み始める野菜で、実の中に黒い粒(種)が散らばっている場合、傷み始めの状態だといえます。

ナスの実が白いだけに種が黒く変色すると目立つので、カレーや煮びたしなど黒い粒を目立たたなく調理してから食べるようにしましょう。

 

もし種が黒く変色したナスを発見した場合、同時期に買ったナスも傷み始めている可能性が高いです。

同じ日にスーパーで購入したナスをたくさん保存しているなら、早めに調理して食べ切るようにしてくださいね。

スポンサーリンク

ナス(茄子)の実が茶色に変色する理由!

ナスを切った時、実が茶色に変色していた場合、理由は種が黒く変色した場合と同じで、

  • 保存温度が低かった
  • 保存期間が長かった

と考えられます。

ナスの実が茶色に変色するのも傷み始めの特徴なので、早めに食べ切るようにしましょう。

 

また切って保存したナスが茶色に変色した場合、劣化以外にナスに含まれるポリフェノールの酸化も原因になります。

抗酸化作用があり健康に良いポリフェノールですが、酸化すると見た目が悪くなるので、切ったナスを保存する前に

  • 油を使って調理する
  • 1%濃度の塩水に5分つける

といった対策を行い、変色を防ぎましょう。

炒め物など油を使って調理しておけば、ナスの周りを油がコーティングしてくれるので酸化・変色を防げますよ。

 

保存環境や保存期間、ポリフェノールの酸化が原因で中が茶色に変色したナスも調理して食べれますが、風味が落ちてえぐみも増すため美味さは半減します。

 

ナス(茄子)の中に空洞が!これって食べれる?

ナスを切ると中に空洞ができている場合がありますが、他に異変が見られなければ食べられます。

空洞ができるのは育てる環境が高温すぎたためで、乾燥や水不足が原因で実がぎっしり詰まらず、中がスカスカになってしまったのです。

乾燥や水分不足はナスが育つ過程での話なので、傷みが原因ではありません。

ただ、実がぎっしり詰まったみずみずしいナスの方が確実に美味しいので、スーパーで選ぶ際は表面に張り・艶があり、ずっしりと重たいものにしましょう。

 

ちなみに家庭菜園でナスを育てると、水不足による空洞が増えてしまいがちです。

雨が多い梅雨の時期も水やりをさぼらないように注意し、土が乾燥しないように水をあげてください。

 

まとめ

夏野菜の代表であるナス(茄子)は低温に弱いため、低温環境にさらされると種が黒い粒になったり、実も茶色に変色します。

またナスのアクの原因となるポリフェノールも、ナスの実を茶色く変色させる原因になるため、切った後に保存する際はひと手間加える必要があります。

 

ナスは種や実が変色しても中が空洞でも食べることはできますが、ベストな状態のナスに比べて味の劣化は避けられません。

スーパーでナスを選ぶ時は表面に張り・艶がある重たいものを選び、購入後は早めに食べ切ってくださいね。

スポンサーリンク