もやしは炒め物・ナムル・汁物など色んな料理に使えて大活躍しますが、スーパーで売られている一袋は少なそうにみえて地味に量が多くないですか?

中途半端に残った開封後のもやし、冷凍・冷蔵の保存方法で何日もつのか、賞味期限が気になりますよね!

当記事は開封後のもやしの保存方法と、保存方法別の賞味期限をまとめています。

スポンサーリンク

開封後もやしの保存方法(常温・冷凍・冷蔵)

もやしは傷みやすい野菜なので、「使い切れなかった分は、袋に入れたまま冷蔵庫に…」なんて保存方法はNGです。

また保存に適した温度は3~5度なので、開封・未開封関係なく常温保存もできません。

開封後のもやしはすぐに袋から出し、保存方法に見合った容器に移し替えて保存しましょう。

 

冷蔵庫で保存する手順

  1. タッパーやボウルなど大きめの容器にもやしを移す
  2. もやしが全部浸かるように水をはる
  3. 空気に触れないよう、容器に蓋もしくはラップして冷蔵庫に入れる
  4. 1日1回、タッパーの水を変えてつつ保存

 

開封後のもやしを冷蔵庫で保存する際のポイントは、

  • 野菜室ではなく冷蔵庫に入れる
  • こまめに水を変える

といった2つ。

冷蔵保存したもやしを使う際は容器の水を捨て、軽く濯いだ後に加熱調理してください。

 

冷凍庫で保存する手順

  1. もやしをボウルに移し、水を入れ替えつつ丁寧に洗う
  2. ざるで水気を切った後、キッチンペーパーでもやし1本1本の水分をとる
  3. ジップロックに、もやしが平らになるよう(1本1本が重ならないよう)に入れる
  4. ジップロックに保存日を記入した後、冷凍庫に入れる

 

冷凍したもやしを解凍するとべちゃべちゃになるので、調理の際は解凍せずに使ってください。

冷凍もやしはシャキシャキ感が冷蔵保存したもやしに劣るため、炒め物などに使うよりみそ汁やスープに使った方が美味しくいただけます。

 

冷凍保存する際のポイントは、もやしを平らにして入れる点と、水分をきちんと抜いておく点。

平らにして冷凍庫に入れると、全てのもやしが凍るまでの時間を短縮でき、劣化防止につながります。

また、もやしについた水分を取っておけば、使う時に軽く揉むだけでほぐれ、使いたい分量だけジップロックから取り出しやすくなります。

スポンサーリンク

開封後もやしの賞味期限!冷凍・冷蔵保存で何日持つ?

冷凍・冷蔵保存した開封後のもやし、何日持つかの目安は以下のとおり。

  • 冷凍 ⇒ 最長2週間
  • 冷蔵保存 ⇒ 最長1週間

 

開封後のもやしは非常に傷みやすいので、冷凍保存しても賞味期限が短めです。

また、もやしを購入してから開封するまでに数日かかった場合、賞味期限はさらに短くなります。

開封後もやしの賞味期限はあくまで目安と考え、保存後のもやしを調理に使う際は、傷んでいる・いないの確認を必ず行うようにしましょう。

 

もやしの傷みを見極める方法は、こちらの記事でまとめています。

もやしの賞味期限切れ!加熱で食べれる?傷みの見極め方は?

 

まとめ

開封後のもやし、保存方法は冷蔵・冷凍のどちらかで常温保存はNGです。

もやしは野菜の中でもトップクラスに日持ちしないので、保存後もなるべく早く食べ切ることを心がけましょう。

ちなみに未開封のもやしも袋のまま保存するより、袋から出して今回紹介した保存方法に切り替えた方が日持ちします。

安い野菜にひと手間かけるのは面倒かもしれませんが、美味しさと安全を維持するため頑張ってくださいね!

スポンサーリンク