栄養価が高く、ねばねばっと糸を引くのが特徴的な野菜・モロヘイヤ。

少し茹でてから食べるイメージの強い野菜ですが、生で食べれるのでしょうか?

モロヘイヤは育てやすい野菜なので家庭菜園でも人気ですが、実は茎には毒性があるため、食べ方に気をつける必要があります。

今回モロヘイヤは生で食べれるのか、また茎の毒性や危険な食べ方もお伝えします。

スポンサーリンク

モロヘイヤは生で食べれる?

モロヘイヤは下茹でによって粘り気が出る野菜で生で食べる機会は少ないかもしれませんが、モロヘイヤは生でも食べれます。

ただ生で食べると粘り気がなくなり”えぐみ”もあるので、サラダで食べづらいのが本音…

 

生で食べるなら色んな野菜・果物と混ぜて、スムージーにするのがおすすめ。

トマトやバナナ・リンゴなど味の濃い野菜や甘いフルーツと一緒にスムージーにすれば、モロヘイヤのえぐみを抑えられます。

またモロヘイヤと併せて色んな野菜・果物の栄養も素早く摂取できるので、美味しく健康的に食べれる一石二鳥の食べ方といえるでしょう。

 

モロヘイヤに含まれるシュウ酸の危険性

「モロヘイヤにはシュウ酸が含まれているのに、生で食べれるの?」と疑問に思うかもしれません。

モロヘイヤに含まれる“シュウ酸”とは、体内でカルシウムと結合して結石になる厄介な成分で、激痛を伴う尿路結石の原因にもなります。

 

シュウ酸はアクの成分で下茹で取り除けるため、モロヘイヤを調理する際は加熱して食べるわけですが…

実はモロヘイヤに含まれるシュウ酸の量は非常に少なく、1度に大量に食べない限り気にする必要はないレベルです。

結石になりやすい体質など、どうしても気になる場合は無理にモロヘイヤを生で食べる必要はありません。

ただ、たまにモロヘイヤの食べ方を変えて生食する程度なら、シュウ酸の害は気しなくても大丈夫ですよ!

スポンサーリンク

モロヘイヤの茎に毒性が!危険な食べ方は?

スーパーなど販売店で購入したモロヘイヤの若葉には毒性はないので、「モロヘイヤに毒性?」と疑問に思う人もいるかもしれません。

毒性はモロヘイヤの茎・種・さや部分に多く含まる“ストロファンチジン”という成分で、摂取すると

  • めまい
  • 動機
  • 吐き気

などの症状が現れ、ひどい場合は心不全で命の落とす可能性もあります。

 

スーパーでモロヘイヤを購入する分にはストロファンチジンの毒性を心配する必要はないのですが、家庭菜園で育てる場合は要注意です。

モロヘイヤは育てるのが簡単な家庭菜園初心者に人気の野菜だけに、茎の毒性を知らない人が栽培し、

  • 葉と一緒に茎まで食べてしまった
  • 柔らかくて美味しそうなので、さやを収穫して食べてみた

といった危険な食べ方をして、中毒症状を引き起こす事例が多いです。

 

家庭菜園している人や今後チャレンジする予定の人は、モロヘイヤの可食部は若葉だけと覚えておきましょう。

また友人や家族が家庭菜園している人も、念のためにモロヘイヤの毒性や危険な食べ方について教えてあげましょうね。

 

まとめ

モロヘイヤは生で食べれる野菜で、毎日大量に摂取しない限りシュウ酸の摂り過ぎを心配する必要はありません。

ただ茎や種・さやの毒性には注意が必要なので、家庭で育てたモロヘイヤを食べる時は若葉だけにしておきましょう。

モロヘイヤの毒は命に係わる可能性もあるので、たかが野菜と侮らないようにしてくださいね。

スポンサーリンク