こごみは春の山菜の一種で、4~5月に採れるクサソテツという植物の若芽です。

ふきやわらびなどメジャーな山菜と比べると聞き慣れない名前ですが、栄養価は抜群で、食べると多くの効能を得られます。

ただ他の山菜同様、こごみも毒性やアレルギーが懸念される野菜なので、食べ過ぎや生食は禁物!

当記事は山菜・こごみの栄養価と効能、食べ過ぎ・生食による毒性やアレルギー症状について知りたい方におすすめです。

スポンサーリンク

こごみの栄養価と効能

こごみは山菜類の中でも栄養価が高く、食べて得られる効能も多いです。

多く含まれる栄養素は、

  • ビタミン ⇒ A(βカロテン)、B群、C、E
  • ミネラル ⇒ カルシウム、マグネシウム、カリウム、鉄、銅、亜鉛
  • 食物繊維

などで、他の山菜に比べずば抜けて多く含まれている栄養素はないものの、これだけ栄養価のバランスが良い野菜は珍しく、山菜類以外の野菜と比較しても非常に優秀です。

 

栄養価が高いこごみ山菜だけに食べて得られる効能も多く、各栄養素で得られる効能は以下のとおり。

ビタミンA(βカロテン)、ビタミンC

強い抗酸化作用を持つ。老化防止やアンチエイジング、風邪やがんを予防する

ビタミンB群

代謝を促す働きがあり、疲労回復を早める・精神を安定させるなど、心身ともに健康な状態を保つ

カルシウム・マグネシウム・ビタミンK

カルシウム・マグネシウムは骨の健康を維持し、ビタミンKはカルシウムの効果を高める

カリウム

血圧の安定やむくみ改善、体の機能を正常な状態で保つ

鉄・銅

血液の生成を促し、貧血を防いだり血管の健康を保つ

亜鉛

新陳代謝が活性化され心身の成長を促す。味覚を正常な状態で保ったり、免疫力アップの効果も

食物繊維

腸内環境の改善し、下痢や便秘などお腹の不調を防ぐ

 

こごみは上記以外にも、おなかで赤ちゃんを育てる時に必須の栄養素・葉酸も含んでいるので、妊婦さんにもおすすめです。

葉酸は必要と分かっていても、なかなか必要摂取量に届かない栄養素なので、サプリメント以外で摂取できるのは嬉しいですよね(^^)/

ただ妊娠中に初めてこごみを食べる場合、食べ過ぎや生食は絶対に避けるべきです。

スポンサーリンク

こごみの食べ過ぎ、生食は危険!毒性・アレルギーの詳細

栄養価が高く、得られる効能も多いこごみですが、食べ過ぎ・生食は危険で中毒症状やアレルギー症状を引き起こす可能性があります。

こごみは食べる機会が少ない山菜で食べ過ぎ・生食による症例も少ないため、毒性やアレルギーに関する情報が少ないのは正直なところ。

ただ食べた後1,2時間後に下痢や嘔吐、腹痛など毒性やアレルギーが疑われる症状を引き起こす人が稀にいます。

 

人によって症状に差はあるものの悪化する可能性が高いのが、食べ過ぎや生食により特定の成分を大量摂取した場合です。

これらのデータから、こごみに多少の毒性やアレルゲンが潜んでいる可能性は否定できなといえます。

 

妊婦さんの下痢や嘔吐は子宮収縮の原因になるので、絶対に避けたいところ。

妊娠後に初めてこごみを食べる時は絶対に生食NGですし、まず1本食べてみて、問題なければ食べる量を少しずつ増やす食べ方が理想です。

また、こごみの食べ過ぎを避けるため妊娠の有無関係なく、1日の上限は10本までにしてください。

 

まとめ

こごみはわらびやふきのとうに比べてアクが少ないので調理しやすく、栄養価が高い山菜なので得られる効能も多いです。

ただ毒性やアレルギーが疑われる野菜なので、始めてこごみを食べる人は食べ方に注意し、食べ過ぎや生食を避けるようにしましょう。

スポンサーリンク