食べ切れなかったトマト、調理に1個まるごと使い切れなかったトマトは、切った状態で保存することになります。

切る前のトマトなら賞味期限や保存方法は、なんとなく把握できますが、切ったトマトとなると疑問が生じる方も多いのではないでしょうか?

当記事は切ったトマトを冷蔵庫や常温で保存する場合の手順と、賞味期限についてお伝えします。

切ったトマトを日持ちさせるコツもお伝えするので、参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

切ったトマトの保存方法(常温・冷蔵庫・冷凍庫)

切ったトマトの保存方法ですが、安全第一で考えれば常温保存はおすすめできません。

基本的には冷蔵庫で保存し、1週間以上の長期保存を考えている場合は冷凍庫で凍らせて保存します。

切ったトマトを常温・冷蔵庫・冷凍庫で保存する手順は以下のとおり。

常温

切ったトマトをラップで包み、直射日光が当たらない、涼しく風通しが良い場所に一時的に置いておく。

ラップで包む際は切断面から空気が入らないよう、ラップと切断面を必ず密着させて包んでください。

切ったトマトは数時間の常温保存でも(特に夏場は)傷んでしまう可能性が高いので、今すぐ調理に使う時以外は冷蔵庫や冷凍庫での保存をおすすめします。

冷蔵庫

常温保存の時と同じく、切断面にラップが密着するようにトマトを包み、冷蔵庫に入れます。

切断面から漏れた汁が冷蔵庫を汚さないか不安な方は、ラップで包みタッパーに入れておけば安心です。

冷凍庫

冷凍保存は味の劣化が激しくなるのでおすすめしませんが、どうしても長期保存せざるをえない時は以下の手順で行います。

  1. 切ったトマトをさらに細かく、サイコロ状にカットする
  2. ジップロックに入れ、実をつぶさないよう気をつけて空気を抜き密閉する
  3. 保存日をジップロックに記載し、冷凍庫に入れる

 

冷凍保存したトマトは半解凍の状態なら水っぽくないのでサラダとして食べられますが、生食より加熱調理をおすすめします。

冷凍状態のままでトマトソースや炒め物に使用すれば、手軽にまとめて消費できますよ!

スポンサーリンク

切ったトマト、常温・冷蔵・冷凍別の賞味期限!

切ったトマトは切る前の状態に比べ賞味期限は短くなりますが、トマト自体が保存性の高い野菜なので意外と日持ちします。

切ったトマトの保存方法別、賞味期限の目安がこちら。

  • 常温 ⇒ 半日
  • 冷蔵庫 ⇒ 最長1週間
  • 冷凍庫 ⇒ 最長3ヶ月

 

常温保存の賞味期限は半日としていますが、気温や湿度による変動が激しいので、切ったトマトは初めから冷蔵庫に入れて保存するのが最も安全・安心です。

また冷凍保存の賞味期限も保存状態が良好なら半年は日持ちするのですが、美味しく・安全に食べられる期限を考慮し、最長3ヶ月としています。

 

ちなみに切ったトマトが賞味期限以内であっても、

  • カビが生える
  • 黒く変色する
  • 実がジュクジュク、ドロドロになる
  • ニオイや味がおかしい

このような異変があった場合、傷んでいる可能性が高いので食べずに処分してください。

切ったトマトは切り口に異変が現れやすいので、食べる前は切り口メインで見た目・ニオイに異変がないか確認してから、調理に使うようにしましょう。

 

切ったトマトを日持ちさせるコツ!

切ったトマトは切る前のトマトに比べてデリケートなので、日持ちさせるには優しく扱うことが最も大切。

例えば、

  • お皿ごとラップで包んで保存
  • 他の食品と一緒にぎゅうぎゅう詰めで保存
  • 冷蔵庫の手前やドアポケットに保存

なんて保存方法は、日持ちさせたいなら絶対NGです。

 

お皿ごとラップで包んで保存すると切断面から空気が入り傷みやすくなりますし、ぎゅうぎゅう詰めで保存すると冷気が他の食品で遮断され劣化が早まります。

また冷蔵庫の手前・ドアポケットでの保存も、温度変化が激しくなるので劣化を早める原因になります。

切ったトマトを日持ちさせるには切断面が空気に触れないようにして、保存に適した温度(10度前後)を維持できるよう、保存環境も気をつけましょう。

 

まとめ

切ったトマトはラップして冷蔵庫に入れる保存方法が最もおすすめで、保存後1週間は美味しく食べられます。

ただ賞味期限内であっても、一度保存した切ったトマトを調理に使う際は見た目・ニオイを確認してからにしましょう。

トマトは保存性が高い野菜ですが一度包丁を入れると、切る前に比べてデリケートになるので、日持ちさせるには保存方法はもちろん、保存環境にも気をつけてくださいね。

スポンサーリンク