かいわれ大根は安くて栄養価も高い人気の野菜ですが、辛いのが難点ですよね。

大人ならピリッとした辛さを楽しんで食べられるものの、子供は少しでも辛いと食べてくれません…

当記事では、かいわれ大根が辛い理由と、辛みの取り方についてお伝えします。

また、かいわれ大根はアレルギーに注意すべき野菜なので、アレルギー症状と対策も知っておきましょう。

スポンサーリンク

かいわれ大根が辛い理由

かいわれ大根が辛い理由は、大根を含むアブラナ科の野菜が持っている“イソチオシアネート”という成分を含んでいるため。

例えば大根おろしが辛いのもイソチオシアネートが原因ですが、この成分は

  • がんの予防
  • 食欲増進作用
  • 殺菌作用
  • 血液をサラサラにする

といった、多くのメリットがあります。

 

イソチアシネートは熱に弱い成分なので加熱で飛ばせるのですが、辛みが飛ぶとイソチオシアネートのたくさんの恩恵を受けられなくなります…

かいわれ大根が辛いのは健康に良い証拠ともいえるので、なるべく生の状態で、辛みを感じて食べるようにしましょう。

 

かいわれ大根の辛みの取り方

かいわれ大根の辛みは加熱調理すれば一発で取れますが、イソチオシアネートの摂取を考えれば、加熱以外の方法で辛みを取りたいところ。

生で食べる時の辛みの取り方は、味の濃い調味料で辛さを誤魔化す方法がおすすめです。

 

マヨネーズを使う

辛みを消して味をまろやかにする、王道調味料が子供も大好きなマヨネーズですが、かいわれ大根の辛み取りおいても絶大な効果を発揮します。

辛みを消すわけではないので辛さに敏感な方だと辛みを感じるかもしれませんが、付けて食べるだけで辛みはほぼ感じなくなります。

 

辛いのが苦手な我が子ですが、かいわれ大根に

  • 大根
  • 人参
  • ツナ

などの具材を加えてマヨネーズとめんつゆをかけた、味付け濃いめの生野菜サラダは大好きです。

 

シーザードレッシングを使う

サラダにかけるとマヨネーズより辛み消し効果が高いので、生のかいわれ大根をサラダで食べる場合はシーザードレッシングがおすすめ。

和風系のドレッシングをかけることが多いかいわれ大根ですが、シーザードレッシングもよく合います。

シーザードレッシングに含まれるマヨネーズとチーズの効果により、かいわれ大根の辛みがしっかり抑えられていますよ。

スポンサーリンク

かいわれ大根が原因のアレルギーとは?

野菜でアレルギーを発症する方は稀なので、かいわれ大根のアレルギーと聞いてもピンとこないかもしれません。

ただ、かいわれ大根を食べた後に以下のような症状が現れた場合、アレルギーを疑うべきです。

  • 口の周りの炎症
  • 湿疹
  • 動機
  • 下痢

 

基本的にかいわれ大根のアレルギー症状は軽度なので、口の周りの炎症程度の軽い症状がほとんどです。

ただアレルギーは今まで何ともなかったのに、ある日突然発症する可能性がありますし、かいわれ大根以外に大根でも同じ症状が現れる場合もあります。

 

アレルギーを防ぐ対策としては加熱が有効で、生の状態で食べた時だけアレルギー症状が現れる方も多いです。

かいわれ大根を食べている時に異変を感じた場合、生のかいわれ大根(大根)を食べるのをやめ、お医者さんに相談してください。

 

まとめ

かいわれ大根の辛みの取り方は、

  • 加熱調理する
  • マヨネーズやドレッシングで味を誤魔化す

といった方法がありますが、加熱すると健康維持に効果的な成分「イソチオシアネート」がなくなるで、なるべく生の状態で辛みを誤魔化し食べるのがおすすめ。

生で食べると極稀にアレルギー症状を引き起こす可能性があるので、食後に異変を感じた時はアレルゲンとしてかいわれ大根(大根)を疑ってくださいね。

スポンサーリンク