パック入りで売られているかいわれ大根ですが、食べる前に洗うべきか悩みますよね。

見た目はきれいで汚れもついてなさそうなので、洗う必要はないと思うのですが、もし洗うべきなら洗い方も気になります。

またかいわれ大根は加熱せず、そのまま食べれる野菜なのでしょうか?

当記事では、かいわれ大根の洗うべきなのか、そして生食できるのかについてまとめています。

スポンサーリンク

かいわれ大根は食べる前に洗うべき?

かいわれ大根はパッと見きれいで土や泥、虫・ほこりすら見かけないですよね。

見た目がきれいなのは、かいわれ大根がハウス栽培され、土を使わない栽培方法で育てられるため。

農薬も使わずに育てられているので、洗わずに食べても体に害はありません。

 

ただ出荷までに洗浄されるわけではないので、個人的にはかいわれ大根は流水でサッとすすぐ程度に洗うべきかなと思います。

洗うことで残った種も効率良く落とせるので、汚れとり+種落としで一石二鳥といえそうです。

 

かいわれ大根の洗い方

”サッとすすぐ程度に洗う”といっても、かいわれ大根って細くて脆くて洗いにくいですよね…

そこで、おすすめのかいわれ大根の洗い方を紹介します。

  1. かいわれ大根の真ん中らへんを輪ゴムで軽くとめる
  2. 根元から1~2センチほど、根っこぎりぎりの部分を切り落とす(種が多少残っていてもOK)
  3. 輪ゴムを付けたまま流水で全体を軽く流す
  4. 根元の部分に残っている種を手で擦りながら洗い流す

 

洗う時に輪ゴムをつける理由は、バラバラになって調理時に使いづらくなるのを防ぐため。

切った後に残った種は、流水を当てながら洗うと簡単に落とせます。

炒め物など、かいわれ大根がバラバラになってもよい料理に使う際の洗い方は、ゴムを外してボウルに水を入れ、かいわれ大根を浮かべて濯ぐだけでもOKです。

スポンサーリンク

かいわれ大根は生で食べれる野菜?

生で食べると野菜らしからぬ辛さでびっくりしますが、かいわれ大根は生で食べれる野菜です。

しかも、かいわれ大根は生で食べた方が栄養豊富で、辛み成分・イソチオシアネートの効能によって、がんの予防や血液サラサラ効果も期待できます!

かいわれ大根、辛みの取り方3選!辛い理由やアレルギーに注意?

 

ただ生で食べれると分かっても、サラダ以外に美味しい食べ方が思い浮かばない方もいるかと思います。

そこで、かいわれ大根を生で食べる際におすすめの食べ方を、いくつか紹介しておきます。

冷奴にのせる

冷奴にのせると豆腐に彩が加えられ、見た目が豪華に!

また生姜とは違う、かいわれ大根のピリッとした辛さも新鮮なので、冷奴に生姜を乗せる代わりにもなります。

かいわれ大根だけでも十分ですが、キムチ+かいわれ大根・トマト+かいわれ大根など、工夫次第で色んなバリエーションを楽しめますよ。

ハムやチーズで巻く

生のかいわれ大根をハムやスライスチーズに巻くだけで、色鮮やかな一品になります。

作るのが簡単なのでお弁当のおかずとしても重宝しますが、ちょっぴり辛いので、辛いのが苦手な人は要注意です。

納豆に入れる

納豆を混ぜた後、からし代わりにかいわれ大根を添えましょう!

納豆とネギが相性抜群なように、納豆とかいわれ大根も相性が良い組み合わせです。

辛いのが大丈夫な方は納豆+かいわれ大根にキムチをいれると、ご飯やお酒のおともにぴったりの一品になりますよ。

 

まとめ

かいわれ大根は洗わずに使える野菜ですが、輪ゴムで縛ってサッとすすげば、さらにきれいになります。

調理前のひと手間が安心・安全につながるので、時間を惜しまず実践しましょう!

 

また生で食べれるかいわれ大根は、サラダに入れる以外に色んな食べ方があります。

ピリッとした辛さを活かして生姜やワサビ、ネギ代わりに使えば、さらに生食のバリエーションが増えると思いますよ(^^)/

スポンサーリンク