銀杏 殻 カビ

保存していた銀杏の殻を見ると、黒い斑点状のカビが生えていることがあります。

カビが生えているのは殻なので、割って中身を取り出せば食べられる気もしますが…殻にカビが生えた銀杏は食べても大丈夫なのでしょうか?

また銀杏が腐ると、どんな変化があるのかも知っておきたいところ。

当記事では殻にカビが生えた銀杏は食べられるのか、そして銀杏が腐った時の見分け方についてまとめていきます。

スポンサーリンク

銀杏の殻にカビ!洗えば食べられる?

銀杏の殻に現れる黒い斑点状の模様は”カビ”です。

カビが生える=食べられないと思いがちですが、銀杏は殻が厚いので中の実が無事な場合も意外に多いです。

銀杏の殻にカビが生えていた時は、殻を割り中の実までカビが侵食していないか確認してください。

殻と同じような黒い斑点が実にも見られた場合、残念ながらカビが実まで侵食しています。

実にカビが生えると完全に取り除くのは難しいので、安全面を優先して食べずに処分しましょう。

カビが実まで浸透していなければ、加熱調理で食べられる!

実に黒い斑点が見られなかった場合、カビは殻でストップして実まで侵食していない可能性が高いです。

見た目で実がきれいな状態なら捨てるのはもったいないので、普段より念入りに表面を洗った後、しっかり熱を通して食べて問題ないでしょう。

ただし殻にカビが生えていたのは確かなので、「安全に食べられる」とは言い切れません。

殻にカビが生えた銀杏を食べる際は、多少のリスクは覚悟して自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

銀杏が腐るとどうなる?色や臭いに注目!

銀杏が腐ると、殻を割った後の実に下のような変化が見られます。

  • 異臭を放っている
  • 黒や茶色に変色している
  • ブヨブヨになっている(溶ける・萎む)

 

銀杏は厚い殻をかぶっているので、殻を割って中の実を確認するまで腐っている・いないを見分けるのが難しいと思います。

ただ殻がフニャッとしているなど、実を確認する以前に異変がある場合、中身は確実に腐っているので処分して問題ないでしょう。

 

ちなみに長期間保存していた殻付き銀杏を割った時、中の実に

  • 乾燥して縮んでいる(硬くなっている)
  • 黄色く変色している

といった変化がみられる場合があります。

どちらも腐っているわけではないですが、乾燥して縮んだ実は加熱調理しても硬いままで風味も落ちるので、食べずに処分した方が無難です。

また実が黄色く変色するのは劣化が進んでいる証拠で、食べることはできますが、透き通った緑色をしている新鮮な実に比べて風味が落ちます。

銀杏は乾燥した環境で保存すると劣化が早まるので、すぐに食べない時は正しい方法で保存しましょう。

殻付き銀杏の保存方法!常温・冷蔵・冷凍別の賞味期限は?

まとめ

銀杏の殻にカビが生えても、実まで侵食していなければ念入りに洗って加熱調理すれば食べられます。

ただ目視でカビを確認する場合、見落としがないとは言い切れないので、不安な方は殻にカビが生えているのを確認した段階で処分しましょう。

殻付きの状態で保存した銀杏は、劣化したり腐ったりすると殻・実の両方に変化が見られるので腐っている・いないを見分けやすいです。

銀杏の実は透き通った緑色の状態で調理できるのがベストなので、乾燥対策をしてから保存し、早めに食べ切ってくださいね。

スポンサーリンク