冷蔵庫で保存していたカットかぼちゃを取り出すと、購入後ほとんど時間が経っていないのに、断面に白い粉が付着していることがあります。

腐ってるはずないと思うものの、白い粉の正体はカビなのでしょうか?

当記事ではカットかぼちゃに付着する白い粉の正体と、腐ってる場合の見分け方についてまとめていきます。

スポンサーリンク

カットかぼちゃの断面に白い粉!正体はカビ?

自分で切ったかぼちゃや、カット済のかぼちゃを購入して保存した後、断面に白い粉(白い膜)が付着することがありますが正体はカビではありません。

白い粉の正体はかぼちゃに多く含まれるデンプンで、断面が乾燥すると白っぽく見えるようになります。

白い粉はかぼちゃの断面が乾燥した時だけ出現するので、切りたてのかぼちゃに付着していることはありません。

 

白い粉の正体であるデンプンは”炭水化物”なので、取り除かなくてもそのまま食べられますが、カットかぼちゃの断面が乾燥し過ぎると硬くて食べにくくなります。

大量の白い粉がカットかぼちゃに付着し、乾燥が目立つ時は断面をもう一度包丁で切り落とし、硬い部分を取り除いてから調理に使いましょう。

 

ちなみにカットかぼちゃの断面に白い粉ではなく”白い粒”が見られる場合もありますが、これはかぼちゃに含まれる糖分が結晶化したものです。

デンプン同様、安全に食べられるので、乾燥がひどくなければ取り除く必要はないですよ(^^)/

 

白いカビにも要注意!でんぷんとの見分け方は?

断面の白い粉はカビではないですが、かぼちゃには白いカビが生えることもあります。

かぼちゃに生える白いカビは綿みたいにフワフワで、断面ではなくワタや種の部分から生え始めるのが特徴です。

かぼちゃに生えるカビは白より緑や青黒い色をしたものが多いですが、断面ではなくワタや種の部分に白・緑・青黒い変色がみられた場合、カビを疑いましょう。

かぼちゃの種、保存方法は?植えると育つの?殻も食べるべき?

 

ちなみにカビには毒があるので、「変色した部分だけを取り除いて食べよう!」と考えるのは危険です。

カビの毒がどこまで浸透しているかは分からないので、カビらしき変色を確認したかぼちゃは食べずに処分してください。

スポンサーリンク

腐ってるカットかぼちゃの特徴まとめ

一度切ったかぼちゃは断面から乾燥しやすくなるので、一個丸々のかぼちゃに比べて日持ちしません。

カットかぼちゃの保存方法と賞味期限!調理前に洗うべき?

カットかぼちゃを保存した後、取りだして調理に使う場合は腐ってるかどうかを見極められるようにしておきましょう。

 

腐ってるカットかぼちゃには、以下のような特徴がみられます。

  • カビが生えている(青カビ・白カビ・黒カビ)
  • 加熱していないのに柔らかくなっている
  • 皮や実が溶け始め、ヌメヌメしている
  • 異臭を放っている

 

4つの中で最も多いのがカビによる傷みですが、カットかぼちゃに生えるカビは見つけやすいです。

ちゃんと目視すれば発見できるので、目はもちろん鼻でニオイも確認し、カットかぼちゃの安全を確認してから調理に使ってくださいね。

 

まとめ

カットかぼちゃの断面に付着している白い粉(白い膜・白い粒)は、カビではないのでそのまま食べられます。

ただ種やワタの部分から白い綿のようなものや、緑・青黒い色をしたものが生えている場合はカビなので、食べずに処分してください。

かぼちゃはカットすると傷みやすくなるので、保存後のカットかぼちゃは目と鼻で腐ってるかを確認してから調理に使ってくださいね。

スポンサーリンク